「ラグビーボール」みたいな馬名にしたいラグビー用語

第二のラグビーボールは?馬名にしたいラグビー用語

かつてラグビーボールという名の競走馬がいました。

 

「仔馬の頃、ラグビーボールのように、あっちにいったりこっちにいったりしていたから」というのが命名理由。「オレハマッテルゼ」など珍名馬主で有名な小田切有一さんの所有馬でした。

 

ラグビーボール

 

で、ラグビーボールの戦績はというと。
8戦4勝。G2だった「NHK杯」と「高松宮杯」が含まれます。

 

ちなみに、ダービー(1986年)は1番人気で4着。
このとき勝ったのはダイナガリバーでした。

 

ラグビーボールは脚部不安のため8戦で引退。
種牡馬としては、重賞勝ち馬を数頭出したというレベルです。

 

悪くないですね。
ただ、2コ下にサッカーボーイがいるので、そちらのほうがインパクトが大きいのが残念。

 

ラグビーボール以降はラグビー用語がついている有名な競走馬って出てないんですよね。
そこで、独断ながらラグビー用語の中で馬名にしたら走りそうなものを選んでみました。

 

以下、ただの”妄想お遊び”です。

 

オーバーザトップ

ラグビーでは反則の名前なのですが、競走馬にしたら走りそう。
馬名の由来は「頂点を超える走りを」とか紹介されそうですね。

 

オーバーつながりでいえば、スウェプトオーヴァーボード産駒かな。
となると、適性は短距離?

 

でも、クラッシクで活躍するようなスケールの大きい馬になって欲しいんですよね。
由来が「頂点を超える走りを」だけに。

 

バックスリー

バックスリーとは、ラグビーのポジションでウイングとフルバックのこと。
ウイングは2人いるので、フルバックと合わせて3人(スリー)。

 

バックスの中で後ろにいる3人といった意味です。
ちなみに、前にいる3人(スタンドオフ、センター2人)はフロントスリーと呼びます。

 

で、競走馬としてのバックスリー。
脚質は差し。つねに上がり3F最速をマークするようなイメージですね。

 

マイルチャンピオンシップか安田記念でG1馬になれそう。
兄のフロントスリーが取れなかった悲願を達成!みたいなストーリーを期待。

 

ノットリリース

ラグビー用語で正式に言うと、ノットリリースザボール。
タックルされたのにボールを離さなかったという反則です。

 

これも馬名っポイんですよね。
ノットリリースは人気薄の逃げ馬。主戦騎手は江田照ですね。

 

ちょっと前にノットフォーマル(中野栄厩舎)という馬がいたのですが、この馬とイメージが重なります。ノットフォーマルは逃げ馬で、主戦騎手は江田照。ミッキークイーンが勝った時のオークスでも逃げています。

 

(実況)
直線に入って先頭はノットフォーマル。
まだ3馬身のリードがあります。

 

そのまま〜!
と叫びたくなりますよね。

 

ラブビーでボールを離さないで「そのまま」持っているとノットリリースザボールの反則ですが、逃げ馬のノットリリースには、「そのまま〜」と叫びたい。

 

とりあえず、ゲームの馬名にでもつけてみようかな。

Comment Box is loading comments...

PR