ラグビー日本代表の外国人選手は生みの親より育ての親を選んだようなもの

育ての親を選んだのがラグビー日本代表の外国人選手

  • ラグビーは日本代表になんで外国人選手がいるの?
  • 日本国籍を取得したってことなの?
  • 外国人ばっかりだと日本代表って感じがしない。

と、日本代表が活躍すると「外国人問題」が注目されます。

 

日本代表というなら日本人であるべき。外国人がいるとしても2人ぐらいまでじゃない。これじゃあ、応援する気になれないという人もいるかもしれません。

 

が、個人的には、外国人選手がいるからそこ日本代表を応援したくなります。

 

 

母国の代表ではなく日本代表になることを選んだ

ラグビーの代表資格は次の3つです。

  • その国で本人が生まれた
  • 両親、祖父母のうちのひとりがその国で生まれた
  • 本人が36カ月以上継続して、その国に居住している

これは世界的に共通のルールで、日本代表だけのものではありません。

 

こうしたルールなので、外国人選手は日本だけでなく自分が生まれた国の代表になることもできたわけです。ただし、ある国の代表になると、ほかの国の代表にはなれなくなってしまいます。

 

ということは、日本代表になった外国人選手は自分が生まれた国の代表にはもうなれないということ。生まれた国ではなく、日本を選んだというわけです。

 

生みの親より育ての親を選んだのがラグビー日本代表の外国人選手

日本代表にいる外国人選手には高校生のときに日本に来てずっと日本でプレーしているという選手もいます。W杯でキャプテンを務めているリーチ選手もそうです。

 

自分は日本でプレーヤーとして育ててもらったのだから、日本代表としてプレーしたい。
そう思って、母国の代表ではなく日本代表を選んでくれたわけです。

 

生みの親より、育ての親を選んでくれたようなものです。
親の立場である「日本」としては、こんなにうれしいことはありません。

 

外国人選手をあまり応援できないというのは、育ての親が「あなたは血がつながってないから、ホントの子じゃないんだよね」と言ってるようなものです。
考えられないですよね。

 

国歌斉唱で君が代を歌い、日本のためにカラダを張ってプレーしている選手に対して、「あなたはホントの子じゃない」なんて言えますか?その気持ちが信じられません

 

日本を代表して戦っている選手を応援するのがラグビー

日本人が外国人選手よりも日本人選手により親近感を覚えるのは当然と言えば当然です。
自分により近い人のほうが応援したくなる気持ちも分かります。

 

それは、日本代表の中に自分の知り合いや家族がいたほうがいないより親近感がわくのと同じ。知り合いがいない日本代表だって応援しますよね。

 

そもそも、日本代表は日本人でなければならないというのはアイヌの人に対しても失礼。
その考えだと、ハーフの人や、クォーターの人はどうゆう扱いになるのでしょうか?

 

日本を代表して戦っている選手を分け隔てなく応援する。
それがラグビーの応援の仕方です。

 

個人的には、実の子もかわいいですが、生みの親でなく育ての親を選んでくれた血の繋がっていない子だって、実の子以上にかわいいと思う気持ちがあります。

  • 日本を選んでくれてありがとう!
  • 日の丸をつけてくれてありがとう!
  • 日本のために戦ってくれてありがとう!

私は、そんな気持ちで応援しています。

Comment Box is loading comments...

PR