トップリーグまで待てないラグビーロスの方向けコンテンツ

W杯日本代表の戦いぶりを振り返りながらラグビーの見どころを解説

ラグビーW杯日本大会は南アフリカの優勝で幕を閉じました。

 

決勝が終わってラグビーロスになってしまった方もいるかと思いますが、ラグビーの試合がもう見られないわけではありません。1月にはトップリーグが始まります。

 

それまで待てない!という方のために、ワールドカップでの日本代表の試合を振り返りながらラグビーのルールを見どころを解説するコンテンツを作成しました。

 

これからもラグビー観戦を楽しみたいという方は、参考にしてみてください。
1月からのトップリーグや来年の日本代表の試合がより楽しめると思います。

 

キックオフのルールと見どころをスコットランド戦でチェック

キックオフを甘く見てはいけない。
前後半1回ずつ、1試合で2回ではないのだ。

 

どちらかに得点が入るとキックオフから再開。
ラグビーの試合では1試合で10回近いキックオフがあるんです。

 

キックオフをどこに蹴る。
蹴られたボールをどう返す。

 

双方が知恵を絞り、ときに相手の裏をかく。
W杯のスコットランド戦でも日本代表がいきなり策を仕掛けています。

 

気づいてました?
日本中が熱狂したあの試合ですよ。

 

続きはこちら

 

ラインアウトは芸術だ!W杯スコットランド戦でルールと見どころを解説

ジャンパーの最高到達点でボールが手にスッと収まる。

 

スローワーとジャンパーが呼吸をあわせ、ジャンパーを支えるサポートプレイヤーも一体に。
これを競り合う相手がいる中で行うのだ。

 

ときには前後に動きながら、ときには立ち位置を入れ替わりながら。
マイボールを確保する。

 

ラインアウトのクーリンキャッチは、スタンドの遠くから見ていても美しい
その瞬間の映像を切り取って持ち帰りたいほど。

 

芸術は爆発だ!

クリーンキャッチでボールを確保すると、攻撃が爆発する。
ときにラインアウトモールで、ときにライン攻撃で、ときにピールオフで。

 

うん?「ピールオフ」って何?
W杯日本戦でスコットランド代表がやったアレです。

 

振り返ってみましょう。

 

続きはこちら

 

走れメロスでW杯スコットランド戦の試合展開を振り返る

リーチは激怒した。
必ずスコットランドをボコらねばならぬと決意した。

 

リーチには政治がわからぬ。
リーチは、日本代表の主将である。

 

ビクトリーロードを歌い、目標に向け友と邁進してきた。
けれども挑発に対しては、人一倍に敏感であった。

 

スコットランドの指揮官は言った。

「率直に言って、驚くべき判定だと思う。」
「日本は試合間隔が恵まれている。我々には3日間しかないのに。」
「W杯の試合が行われないようなことがあるなら法的手段も辞さない。」

 

聞いて、リーチは激怒した。
「あきれたヘッドコーチだ。黙らせてやる。」

 

⇒ 続きはこちら

Comment Box is loading comments...

PR