ラグビーのルールの中でノットリリースとオーバーザトップについて解説しています

ラグビーのルール(6)ノットリリース、オーバーザトップ

ラグビーの密集状態の中で起きる反則で多いのはノットリリースとオーバーザトップです。
どちらも重い反則で相手チームにペナルティキックが与えられます。

 

攻められ続けて、つい自陣でこの反則をしてしまい、ペナルティゴールで3点取られるというのがよくあるケースです。この反則を誘うために攻め続けているということもあります。

 

この2つの反則に関連した密集でのルールについてまとめてみました。

 

 

タックルされたプレーヤーはボールを離さなければならない

ボールを持っているプレーヤーは、タックルされたときはボールを離さなければなりません。

 

離さないと「ノットリリースザボール」という反則。
省略して「ノットリリース」と言われることもあります。

 

この反則があったときは、レフリーが胸のあたりにボールを抱えているような動作をするので、試合会場で見ていても分かりやすい反則のひとつです。

 

タックルされたとは…

ルールでは、どうなるとタックルが成立するかも決められています。

  • タックラーがボールキャリアーをつかまえていること
  • ボールキャリアーの片膝もしくは両膝を地面についていること

この2つがタックル成立の条件です。

 

なので、相手を倒しただけでつかまえていなければタックルは成立していません
タックルが成立してなければ、ボールを離す必要もありません。

 

ボールを離さないのか離せないのか

タックル成立後にボールキャリアー(ボールを持っていた人)がボールを離さないとノットリリースザボールとなります。

  • 離させたけど離さなかった
  • 離そうと思ったけど離せなかった

どちらでも同じ反則です。

 

ということは、相手チーム側が離せない状況を作ることで反則を誘うことができるわけです。ボールを離したら相手に取られてしまうとなったら、なかなか離せません。

 

そうした状況を作るには、いかに密集にプレーヤーが早く集まるかがポイント。
強いチームかどうかが、こうしたところでも分かります。

 

タックラーを越えて倒れ込んでしまうのがオーバーザトップ

タックル後の密集に早く集まってボールを確保しようとするあまり、タックルされたプレーヤーやボールを越えて相手側に倒れ込んではいけません。

 

これがオーバーザトップという反則。
ノットリリースと同様に相手チームにペナルティキックが与えられます。

 

セービングは反則ではない

キックされたボールを両チームのプレーヤーが追っかけて確保する際にボールに飛び込むプレーをセービングといいます。

 

ボールに倒れ込んでいるように思うかもしれませんが、これは反則ではありません。
むしろ、勇気のいる素晴らしいプレーです。

 

オーバーザトップはあくまでタックル成立後の密集でのもの。このときにタックルされたプレーヤーやボールボールを越えて相手側に倒れ込んではいけいというものです。

Comment Box is loading comments...

PR