ジャッカルの名手は姫野じゃなくて明智光秀!?

ジャッカルの名手は姫野じゃなくて明智光秀!?

ワールドカップで知られるようになったラグビー用語のひとつが「ジャッカル」。
姫野のジャッカルってすごいよね」なんて使いたくなりますよね。

 

ただ、どんなプレーかと聞かれると…。
「相手からボールを奪うプレーのこと」と言われても…?

 

ラグビーって、そもそもボールを奪い合うスポーツなんじゃないの。
だとしたら、ラグビーのプレーって全部ジャッカルになっちゃわない???

 

う〜ん。わかったような、わからないようなラグビー用語の「ジャッカル」。
どうせなら、わかったような、わからないような解説をしてみます。

 

日本の歴史上で最大のジャッカルは本能寺の変!

日本の歴史上で最大のジャッカル「本能寺の変」
いきなり歴史の話です。
ただ、日本人ならみんな知ってる話。本能寺の変です。

 

実は、あれ、ジャッカルなんですね。

 

天下取りまであとわずかに迫った織田信長。
京の都というゴールラインは目前。

 

もはや天下(トライ)はオレが取ったようなもの。
あとはオレが前に進むだけ。

 

と、信長は単独で京に向け進軍してたんですね。
で、泊まった宿が本能寺。

 

そのとき、防御(ボールキープ)に一瞬のスキが生まれてしまった。
そのスキをついて、一気に信長から天下をジャッカルしたのが明智光秀

 

決断力と行動力。
ジャッカルに必要なものを兼ね備えてたんですね光秀は。

 

一瞬のスキを見逃さず、勝負に出る。
局面を一気に変えるようなプレーがジャッカルです。

 

見事、光秀はジャッカルに成功。
ただ、天下を取ったかに思えた光秀の運命は…。

 

中国大返しという豊臣秀吉のターンオーバー

ジャッカルに成功した明智光秀
(ジャッカルに成功した明智光秀だったが…)

 

ジャッカルに成功すると局面が大きく変わります。
ピンチがチャンスに。

 

相手から見れば、チャンスがピンチに。
新しくなった局面で素早く反応できるのが優れたプレイヤーです。

 

ひとつ前のプレーでは、あそこでタックルしてたのに。もうここにいるの?
瞬間移動でもしたの?あいつ2人いるの?

 

周りにそう思わせるようなプレーをした選手が新しい局面で主導権を握ります。
これが本能寺の変の後の秀吉

 

毛利と戦っていたはずなのに、いつの間にか光秀の前に。
天王山を制したのは秀吉でしたね。

 

ジャッカル返しに気をつけて

ラグビーのジャッカルには2種類あります。
(A)プレーの中で相手からボールを奪うジャッカル。
(B)相手の反則を誘うことでペナルティを得るジャッカル。

 

気をつけたいのはジャッカル後にもプレーが続く(A)。
ピンチがチャンスに変わるビッグプレーなのですが、その後のプレーが大事。

 

ジャッカルされた側は、ジャッカル返しを狙ってくるのです。というのも、ジャッカルしたプレイヤーは孤立することがあるため。本能寺の変の後の光秀のように。

 

見方が反応して援軍を送ってくれればいいのですが、孤立してしまうと…。ピンチに素早く反応する相手プレイヤーの餌食になってしまうのです。秀吉による中国大返しのように。

 

明智光秀豊臣秀吉
ジャッカル後の局面で、どちらが活躍するか。ラグビー観戦で注目してみてください。

 

 

PR

page top