ラグビー新リーグ「リーグワン」のしくみ

2022年1月7日開幕「リーグワン」のしくみ

国内ラグビーの新リーグリーグワン」が2022年1月に開幕しました。
ラグビーW杯日本大会(2019年)後に紆余曲折あったのですが、試合形式などが決定。

 

ディビジョン」とか「カンファレンス」とか知らないと混乱してしまいそうな用語がいくつかあります。カンタンにまとめたのでリーグワンの仕組みを知りたい方はチェックしてみてください。

 

 

3部制リーグでディビジョン1(DIVISION1)が最強リーグ

リーグワンは、DIVISION1〜3までの3部制を採用しています。
最も強いのがDIVISION1。Jリーグで言うJ1みないなものですね。

 

それぞれのディビジョンはチーム数が決まっていて、DIVISION1は12チーム、DIVISION2とDIVISION3はそれぞれ6チームずつ。このディビジョンは毎年、入れ替え戦が行われます。

 

DIVISION1が最もチーム数が多いんですね。一般的には、上位クラスのほうが数が少ないイメージがあるかもしれませんがリーグワンはちがいます。

 

カンファレンス「A・B」はプロ野球「セ・パ」みたいなもの

もっともチーム数が多いDIVISION1にあるのがカンファレンス(Conference)というグループ。これが紛らわしい。Conference AとConference Bがあります。

 

「A」と「B」だと「A」のほうが「上」のイメージがありますが、Conference A/Bに上位下位の概念はありません。プロ野球の「セ・リーグ」「パ・リーグ」のようなものです。

 

同じカンファレンス内のチームとのほうが年間の試合数が多くなります。
これがカンファレンスのちがいです。

 

12チームによるリーグ戦→上位4チームによるプレーオフトーナメント

リーグワンの試合形式(年間スケジュール)では、12チームによるリーグ戦を行った後で、上位4チームによるプレーオフトーナメントを行います。

 

12チームによるリーグ戦では、同じカンファレンス内のチームとはホーム&アウェーで1試合ずつ計2試合。別カンファレンスのチームとは1試合のみ。

 

なので、リーズ戦は1チームあたり16試合戦うことになります。
(同カンファレンス5チーム×2試合、別カンファレンス6チーム×1試合)

 

このリーグ戦での上位4チームがシーズン最後のプレーオフトーナメントに進出します。

 

リーグワン(DIVISION1)の2022年シーズン予定

リーグ戦(1チームあたり16試合)
1月 7日〜2月 6日同一カンファレンス内の試合
2月19日〜3月27日別カンファレンスとの試合(交流戦)
4月 9日〜5月 8日同一カンファレンス内の試合
プレーオフトーナメント
5月下旬〜リーグ戦上位4チームによるトーナメント

 

2022年DIVISION1のチーム

Conference A
チーム名ホストエリア
NECグリーンロケッツ東葛千葉県我孫子市、柏市、松戸市、流山市、野田市、鎌ヶ谷市、印西市、白井市
シャイニングアークス東京ベイ浦安(※1)千葉県浦安市および周辺地域(調整中)、【宮城県仙台市】
NTTドコモレッドハリケーンズ大阪大阪府大阪市
クボタスピアーズ船橋・東京ベイ東京都江戸川区、中央区、千葉県市川市、船橋市、千葉市、市原市、成田市
コベルコ神戸スティーラーズ神戸市
埼玉パナソニックワイルドナイツ埼玉県

※1…正式名称は「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」
ホストエリアの【】内はセカンダリーホスト

 

Conference B
チーム名ホストエリア
静岡ブルーレヴズ静岡県
東京サントリーサンゴリアス東京都、港区、府中市、調布市、三鷹市
東芝ブレイブルーパス東京東京都、府中市、調布市、三鷹市
トヨタヴェルブリッツ愛知県豊田市、名古屋市、みよし市
横浜キヤノンイーグルス神奈川県横浜市、【大分県】
リコーブラックラムズ東京東京都、世田谷区

ホストエリアの【】内はセカンダリーホスト

page top