初心者向けにラグビーのルールを解説しています

初心者向けラグビーのルール解説

初心者向けにラグビーのルールを解説しています。ラグビーはルールが分かりにくくて難しいと思われがちですが、すべてを覚える必要はありません。

 

見て楽しむ分に必要な最低限のルールだけ説明しています。

 

ラグビーのルール(1)得点方法

ラグビーのルールの中で、まずは基本となる得点方法を説明します。
ラグビーの得点方法は全部で4種類。

  • 1.トライ(5点)
  • 2.トライ後のゴール(2点)
  • 3.ペナルティゴール(3点)
  • 4.ドロップゴール(3点)

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(2)グラウンド

ラグビーのグランドには、22mライン、10mラインなどいくつか線が引いてあります。
それぞれの意味を説明してますので参考にしてみてください。

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(3)スクラム

ラグビーのなかで特徴的なプレーのひとつがスクラムですよね。一般用語としても「スクラムを組んで一緒に頑張りましょう」みたいに使われることもあるぐらい。

 

ただ、ルールについてイマイチわからないところもあるかと思います。
そこでスクラム関連のルールについてカンタンにまとめてみました。

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(4)ラインアウト

ここではラインアウトに関するルールについてまとめました。

 

両チームのプレーヤーが一列に並んでるところに、ボールを投げ入れるのがラインアウト。
ボールがタッチライン(グランドの横のライン)から外に出たときのゲームの再開方法です。

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(5)ノッコン、スローフォワード

ラグビーの反則の中で試合の中で出ることが多いのがノッコンスローフォワード
『ピッ、ノッコン、帝京ボール、スクラム』という中川家礼二さんのネタでも有名ですよね。

 

ちなみに、ノッコンは正確に表記すると「ノックオン」ですが、一般的に言われるノッコンでこのページでは統一しています。

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(6)ノットリリース、オーバーザトップ

ラグビーの密集状態の中で起きる反則で多いのはノットリリースとオーバーザトップです。
どちらも重い反則で相手チームにペナルティキックが与えられます。

 

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(7)22mライン、ダイレクトキック

ラグビーのフィールドにある線の中で戦術的に大きな意味を持つのが22mラインです。
ダイレクトキックやフェアキャッチなどとも関係してきます。

 

そこで、22mラインに関連したルールをまとめました。

 

ラグビー22mライン

 

続きはコチラ

 

ラグビーのルール(8)ラインオフサイド

ラグビーのルールでややこしいことのひとつが「オフサイド」です。
オフサイドだけでもいくつかの種類があり、ちょっと複雑です。

 

ただ、このオフサイドがわかるようになるとラグビー観戦がより面白くなります。
そこで、今回はラインオフサイドについて解説します。

 

キックでのオフサイド(ラグビー)

 

続きはコチラ

 

ラグビーってなんでルールが複雑なの(チコちゃん風に答えてみた)

Q.ラグビーって、なんでルールが複雑なの?

チコちゃん風に考えてみました。

 

まずは、街の人のご意見から。

えっ、なんでって…、そういうスポーツだからじゃない?

 

庶民にはルールがわからないようにわざと複雑にしたって聞いたことがあるような…。
それ、テニスじゃない?

 

続きはコチラ

PR

page top