リーチは激怒した!W杯スコットランド戦を振り返る

走れメロスでW杯スコットランド戦の試合展開を振り返る

リーチは激怒した。
必ずスコットランドをボコらねばならぬと決意した。

 

リーチには政治がわからぬ。
リーチは、日本代表の主将である。

 

ビクトリーロードを歌い、目標に向け友と邁進してきた。
けれども挑発に対しては、人一倍に敏感であった。

 

スコットランドの指揮官は言った。

「率直に言って、驚くべき判定だと思う。」
「日本は試合間隔が恵まれている。我々には3日間しかないのに。」
「W杯の試合が行われないようなことがあるなら法的手段も辞さない。」

 

聞いて、リーチは激怒した。
「あきれたヘッドコーチだ。黙らせてやる。」

 

いざ、スコットランド戦へ

台風19号の影響で開催が危ぶまれたスコットランド戦は無事、行われることになった。
2019年10月13日19時48分。決勝トーナメント進出をかけた戦いが始まった。

ボールプレイエリア展開
日本キックオフJ.短くゴロ→J.キープ→J.連続攻撃→J.ペナルティ(ノットリリース)
スコペナルティS.10内タッチキック→ラインアウト
スコラインアウトJ.22内S.キャッチ→S.連続攻撃→S.キック→J.チャージ→J.キック→S.確保→S.9.キック→タッチ
3日本ラインアウトS.10J.キャッチ→J.連続攻撃→J.ペナルティ
スコペナルティS.22外タッチキック→ラインアウト
4スコラインアウトJ.10内S.キャッチ→S.連続攻撃→S.キック→J.確保→S.ターンオーバー→S.連続攻撃→S.トライ
スココンバージョン成功

(スコ…スコットランド、J.…日本、S.…スコットランド)
(例)S.10内…スコットランド陣10mライン内側、J.22内…日本陣22mライン内側。

 

最初のトライはスコットランド。
日本0−7スコットランド。

 

「いや、まだまだ大丈夫。自分たちの戦いをすれば、決勝トーナメントには十分間に合う。」

 

ボールプレイエリア展開
8日本キックオフ22m外コンテスト→S.キャッチ→S.ノッコン(ノーアドバンテージ)
9日本スクラムS.22外(左)J.確保→J.左展開→J.ゲイン→J.連続攻撃→S.ターンオーバー→S.タッチキック
11日本ラインアウトS.22外J.タップ確保→J.連続攻撃→J.ノッコン
13スコスクラムS.22外S.確保→S.キック→J.キャッチ→J.連続攻撃→S.ペナルティ(ノーバインドタックル)
16日本ペナルティS.10外J.ゴールキック→失敗→S.キャッチ→S.キック
16日本ラインアウトHalfJ.キャッチ→J.連続攻撃→J.トライ(松島)
19日本コンバージョン成功

松島のトライで追いつく日本代表。
日本7−7スコットランド。

 

ボールプレイエリア展開
19スコキックオフ22mコンテスト→J.キャッチ→J.モールアンプレ
22スコスクラムJ.22外(左)S.ペナルティ(コラプシング)
23日本ペナルティJ.22外タッチキック→ラインアウト
23日本ラインアウトS.10J.確保→S.ターンオーバー→S.10キック→J.キャッチ→J.連続攻撃→J.トライ(稲垣)
26日本コンバージョン成功

オフロード三連発からの稲垣のトライで逆転!
日本14−7スコットランド。

 

ボールプレイエリア展開
27スコキックオフ22mコンテスト→S.キャッチ→S.連続攻撃→S.ノッコン
28日本スクラムJ.22外(中)J.左展開→J.ゲイン→J.連続攻撃(敵陣22m内)→J.ノッコン
30スコスクラムS.22内(中)S.10キック→J.キャッチ→J.連続攻撃→J.キック
32スコラインアウトS.5S.キャッチ→S.モール→S.9キック→S.ノッコン(ノーアドバンテージ)
34日本スクラムS.10S.反則(アーリーエンゲージ)
35日本スクラムS.10J.左展開→J.ゲイン→J.連続攻撃→S.ノッコン
36日本スクラムS.22外(右)S.ペナルティ
38日本ペナルティS.22外ゴール→失敗
38スコドロップアウトJ.キャッチ(S.陣10m)→J.連続攻撃→J.トライ(福岡)
40日本コンバージョン成功

前半終了間際に福岡のトライでスコットランドを突き放す。
日本21−7スコットランド。

 

勝負の後半。
最初のトライを奪ったのは日本のトライゲッター福岡。

ボールプレイエリア展開
スコキックオフ22内コンテスト→S.確保→S.連続攻撃→J.ペナルティ
スコペナルティS.10タッチキック→ラインアウト
41スコラインアウトJ.22外S.キャッチ→S.連続攻撃→J.ターンオーバー→J.トライ(福岡)
43日本コンバージョン成功

これで4トライのボーナスポイント「1」も獲得
日本28−7スコットランド。

 

「ここまで来れば大丈夫」と思ったのもつかの間、ティア1の意地の反撃が始まる。

ボールプレイエリア展開
43スコキックオフ22内コンテスト→J.確保→J.連続攻撃→J.キック(S.22m外)→S.確保→S.連続攻撃→S.9キック→J.キャッチ→J.連続攻撃→J.ノッコン
46スコスクラムS.22外(右)S.左展開→S.キック→S.キャッチ→S.連続攻撃→S.キック(J.22m外)→J.確保→J.連続攻撃→J.タッチキック
48スコクイックスローJ.10外S.連続攻撃→S.トライ(49分)
50スココンバージョン成功

クイックスローからの連続攻撃でスコットランドがトライ
日本28−14スコットランド。

 

ボールプレイエリア展開
50日本キックオフ22mチェイス→S.キャッチ→S.連続攻撃→S.キック→J.キャッチ→J.連続攻撃→J.モールアンプレ
51スコスクラムS.10外(右)S.左展開→S.連続攻撃→J.ペナルティ(ラインオフサイド)
スコペナルティJ.10外タッチキック→ラインアウト
53スコラインアウトJ.22内S.キャッチ→S.モール→S.パス→S.キック→J.フェアキャッチ
54日本フリーキックJ.22内タッチキック
54スコクイックスローS.10外S.連続攻撃→S.トライ(54分)
スココンバージョン成功

またもやクイックスローからの連続攻撃でスコットランドがトライ
日本28−21スコットランド。

 

スコットランドの流れを食い止められるか。
ここが正念場。残りは、まだ26分

ボールプレイエリア展開
56日本キックオフ22mコンテスト→S.キャッチ→ラック→S9.キック→J.キャッチ→J.連続攻撃(22m突破)→J.ペナルティ(フェーズ21)
60スコペナルティS.22内タッチキック→ラインアウト
60スコラインアウトS.10S.キャッチ→S.キック→S.確保→S.キック→J.キャッチ→S.タッチキック
61スコラインアウトJ.10外S.キャッチ→S.パス→S.スローフォワード
62日本スクラムHalf(右)J.右展開→J.ゲイン→J.連続攻撃(22m突破)→S.ターンオーバー→S.連続攻撃→S.ゲイン→S.キック→J.確保→ラック→J9.キック→S.キャッチ→S.連続攻撃→J.ノッコン
67スコスクラムJ.10外(左)S.左展開→S.ゲイン→S.ペナルティ(ノットリリース姫野)

スコットランドのジェーミー・リッチーが田村優と小競り合い。
メロスに襲い掛かる山賊のようだ。

 

まだ残り13分
リーチの肉体にも限界がきている。

『身体疲労すれば、精神も共にやられる。もう、どうでもいいという、勇者に不似合いな不貞腐ふてくされた根性が、心の隅に巣喰った。』
(出典:「走れメロス」)

としても不思議ではない。

 

『私は、これほど努力したのだ。』
『動けなくなるまで走って来たのだ。』
『私だから、出来たのだよ。』
(出典:「走れメロス」)

リーチがそう思っても、誰も責めることはないだろう。
多くのものを犠牲にして、今日があることを知っているのだから。

 

『中途で倒れるのは、はじめから何もしないのと同じ事だ。』
『最後の死力を尽して、メロスは走った。
 メロスの頭は、からっぽだ。何一つ考えていない。』
(出典:「走れメロス」)

もはや、観客にできることは声援しかない。
リーーーーーーチ!

 

ボールプレイエリア展開
日本ペナルティJ.10外タッチキック→ラインアウト
68日本ラインアウトS.10内J.失→S.キャッチ→S.パス→S.連続攻撃→J.ターンオーバー→J.連続攻撃→S.ターンオーバー→S.連続攻撃→J.ペナルティ(ノットロールアウェイ)S.キック.ノーアドバン
スコペナルティS.10タッチキック→ラインアウト
72スコラインアウトJ.22S.キャッチ→S.モール→S.パス→S.ノッコン→J.確保→J.キック→アドバンテージオーバー→S.キャッチ→S.連続攻撃→S.ノッコン
74日本スクラムJ.10内J.ペナルティ
スコペナルティJ.10内タッチキック→ラインアウト
76スコラインアウトJ.22内S.キャッチ→S.モール→S.パスアウト→S.連続攻撃→S.キック→J.キャリーバック
77スコスクラムJ.5(左)S.右展開→S.連続攻撃→J.タックル→J.ターンオーバー→J.連続ラック→J.キック

ノーサイド
日本28−21スコットランド

 

試合後に日本代表から最優秀選手として選出され、記念品の日本刀をリーチから贈られたスコットランドの「山賊」は語った。

 

「試合中は戦場みたいなものだが、試合終了の笛が鳴ったら、相手へのリスペクトしかない。
日本はすばらしいホスト国だった、次の南アフリカ戦の健闘を祈る。」

PR

page top