ラグビー世界ランキングの推移(日本代表は何位?)

ラグビー世界ランキングの推移(2019年W杯日本大会以降)

ラグビーの世界ランキング(国代表)は毎週ワールドラグビーのサイトで公表されています。
強豪国(1位から10位まで)のランキング推移をグラフにしてみました。

 

2019年ワールドカップ日本大会開幕の2019年9月22日分から集計しています。

 

ラグビー世界ランキングの推移

ラグビー世界ランキング推移
(https://www.world.rugby 「ワールドラグビーランキング」より作成)

 

上位10か国の顔ぶれは、ほとんど変わっていません。
2019年W杯期間中にフィジーがアルゼンチンと入れ替わっただけです。

世界ランキング上位10か国

南アフリカ、ニュージーランド、イングランド、アイルランド、フランス、オーストラリア、スコットランド、ウェールズ、アルゼンチン、日本(2021年1月23日時点での順位順)

 

日本代表の過去最高は6位

W杯期間中は毎日ランキングが更新されたので、日本代表最高で6位まで上がったことがあります(2019年10月19日、このときの順位…1.ニュージーランド、2.イングランド、3.ウェールズ、4.アイルランド、5.南アフリカ、6.日本、7.オーストラリア、8.フランス)。

 

一時的ですがオーストラリアやフランスよりも日本代表が上位でした。
ただ、W杯が終わってから日本のランキングはダウン。最近は10位が続いています。

 

ラグビー日本代表の世界ランキング推移(W杯以降)
順位日付当該順位の期間
10位2019/09/22
9位2019/09/291週
8位2019/10/062週
7位2019/10/201週
8位2019/10/2718週
9位2020/03/0138週
10位2020/11/2261週

 

世界との差は拡がったのか?

順位で見ると低迷しているように見えますが、ランキングの元となるポイントの差では上位国との差は拡がっているのか調べてみました。
ラグビー日本と世界の差
(https://www.world.rugby 「ワールドラグビーランキング」より作成)

 

ポイントで見ると1位との差は詰まったが、4位との差は拡がりました。

 

 

page top