ラグビー名言「ひとりはみんなのために…」

「ひとりはみんなのために…」を超えるラグビー名言はコレ

ラグビーの名言といえば「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」が有名ですね。
One for all, all for one.」と英語で知っている人もいるかと思います。

 

ただ、ラグビー名言としてはベタ中のベタ。
ラグビーには、ほかにも熱くなる名言があります。

 

 

【名言】
ラグビーは少年をいちはやく男にし、男にいつまでも少年の心を抱かせる。
(ラグビー・フランス代表元主将、ジャン・ピエール・リーブ)

 

「一目ぼれ」してしまった名言です。

 

日本語訳がいい味を出してるんですよね。
少年」と「」。「いちはやく」と「いつまでも」の対比が気に入っています。

 

口に出して言いたくなるんですよね。
「ラグビーは少年をいちはやく男にし…」って。

 

少年が男になるとき

「少年が男になる」のは、いつでしょうか。
ひげが生えたときでも、声変わりしたときでも、彼女ができたときでもありません。

 

痛い、つらい、キツいことを仲間のためにしたとき。
ラグビーではボールを奪うために、痛い、つらい、キツいことをしなくてはなりません。

 

全力で走ってくる相手を体を張って止めなくてはなりません。
「やさしい少年」のままではいられないんですね。

 

仲間のために、「」になってボールを奪う。
それがラグビーです。

 

男が少年のままでいられるには…

  • 原っぱを走り回っていただけで楽しかったあの頃
  • 追いかけっこだけでみんなが笑顔になれたあの頃
  • 日が暮れるまで仲間とボールで遊んでいたあの頃

30代でも、40代でも、50代でも。
60代でも、70代でも、80代でも。

 

あの頃の気持ちを持ち続けるにはどうすればいいのでしょうか?

 

責任ある仕事があっても、守るべき家族があっても、背負うべきものがあっても
男から少年の心を奪わないのがラグビー

 

そんなことを感じさせてくれる名言です。

PR